だれでも簡単にSNSで友達を増やせる無料のツールをご紹介します。

menu

友達を増やすおとくな自動ツール無料

スマスピはサードパーティ製が面白い!音質、価格、デザインに特徴あり!


この記事は私がまとめました

スマートスピーカのご紹介です。

hidemaru3さん

Alexa(アレクサ)搭載モデル

本製品に話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などのスポーツ対戦の結果など、様々な要望や質問に応えることができます。また、 Wi-Fiを経由し、照明の操作やカーテンの開閉など、Amazon Alexaに対応した機器に対しても操作をおこなうことができます。

「Echo」などの他の機種とことなり、外部音声入力端子を搭載している点も特徴で、高性能スピーカーを活かした有線接続での楽曲再生なとを行うことができるようになっています。

特筆すべきは、Harman Kardonを象徴する人気のスピーカー「AURAシリーズ」を踏襲したそのデザイン。スタイリッシュなスケルトンボディを採用し、アクションによってさまざまなパターンで点灯するLEDを中央に配置しており、インテリアとしても部屋を演出してくれます。

P3はG3よりも大きい楕円(だえん)の円柱形をしており、Amazon Alexaの各種機能とスキルを利用することができる。また「Onkyo Music Control」アプリから「DTS Play-Fi」機能を使って、対応製品からストリーミング再生が可能だ。

数あるAlexa搭載スマートスピーカーの中で、このP3はオンキヨーならではのこだわりを感じさせる製品となっている。まず、デュアル2.5インチ(64mm)フルレンジウーファー、デュアルパッシブラジエーター、DSPスイッチングアンプを搭載し、コンパクトサイズながら迫力ある高音質サウンドが再生できるという。

本体上部に4つのプリセットボタンを装備しているのも独自仕様。任意の音楽サービスをプリセット登録できるボタンとなっている。さらにDTS Play-Fi搭載、2台仕様でステレオペアモード設定が可能などの違いもある。

スマートスピーカー「Eufy Genie」は「Google Home Mini」や「Echo Dot」と同様「低価格モデル」というカテゴリに当てはまります。ちなみに「Eufy Genie」の兄貴モデルは「Zolo」という製品。

機能や性能に関しては兄貴モデルに劣りますが、価格は低価格で本体サイズは非常にスリムなのが特徴的で、スマートスピーカーを一度経験してみたい方や安く購入したい方にオススメのモデルとなっています。

特にこれはダメって部分は招待制以外なかったです。AirplayといってWifi経由で音楽が流せます。Bluetoothよりも安定して音楽が楽しめると思います。あと欲を言えば、バッテリー内蔵にてしてくれると持ち運びがもっと便利になると思います。

出典http://www.mein-pompan.com/entry/eufygenie#%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81

米アマゾンのレビューでは、1000円高い程度ならEcho Dotを買ったほうがよいという意見が多かったです。

Amazonの端末はセールになることも多いですしね。まだ、Echoを持っていない人は素直にDotを購入したほうがよいでしょう。ただ、独自のEufy Homeアプリの進化など将来性はあると思います。2台目以降の購入なら、Eufy Genieは十分お勧めできます。

Googleアシスタント搭載モデル

LF-S50Gは、Googleアシスタントを搭載したBluetooth / Wi-Fi / NFC対応スマートスピーカーです。「OK Google」コマンドを起点とする音声コントロールにより音楽を再生したり、ニュースや天気予報などといった情報を入手可能。また、ソニーの照明などといったIoTデバイスの操作も可能です。

LF-S50GとGoogle Homeを並べ、サウンドを聴き比べてみると、その差は圧倒的。特にボイスコントロールの声、ボーカル楽曲やラジオなどの人の声は、ボリュームを絞った状態でも明瞭で、非常に聴きとりやすい。AIの声でさまざまな情報を得るスマートスピーカーにとって、声が聴きとりやすいということは、非常に大きなメリットと言えるだろう。

特徴的なのが、本体に手を触れずに、センサー部のある本体上面に手をかざし、各種操作が行えるジェスチャーコントロールだ。

迫力のあるJBLサウンドを実現したポータブルスピーカーに、Google社が開発するAIアシスタント機能「Googleアシスタント」を搭載したJBLブランド初のスマートスピーカーです。ウォータープルーフ(IPX7)かつ、バッテリー内蔵なのでアウトドアでの使用も可能です。

JBLのスマートスピーカーということで、当然気になるのは音質。「最近のジャズを再生」とかざっくりとしたお願いでも音楽を選んで再生してくれるし、「ドリカムの曲を再生」といったアーティストやアルバムの指定再生にも対応。

「次の曲」や「ボリューム上げて」といった音声コントロールも行なえる。 音質もよい。ボリュームを上げると相当に大出力で、音の広がりもしっかりしている。バッテリ駆動時でも大音量が出せる。

Googleアシスタント搭載AI対応スマートスピーカーです。質問への応答、天気予報やニュースの読み上げ、カレンダーの確認、周辺の店舗検索、タイマーやアラーム設定、ストリーミングミュージックやラジオの再生など、音声コントロールによるさまざまな操作が行えます。他にもスマートホーム対応で、Googleアシスタントが、照明機器などのスマートホーム向けアプリケーションを音声で制御したり、電源のON/OFFなどをハンズフリーで行ったりすることができます。新小型スピーカー技術を採用し、新設計のカスタムウーファーを採用。コンパクトながら迫力あるサウンドを実現しました。

15,120円で販売中の本家Google Homeに比較して、1万円ほど高いONKYO G3。迫力のある低音が響き、より臨場感があるサウンドを楽しむことができると感じた(個人の感想です)。また、音量を上げれば上げるほど聞き取り精度が落ちるスピーカーも多い中、大音量時の音声操作が問題なく行える点も好印象だった。

シンプルな白いスピーカーかわいいです。レトロなデザインが女性受けすると思います。思ったよりも小さいですが、ズッシリと重さがあり、安っぽくは見えません。音質は好みがあると思いますが、柔らかくて低音がしっかりしていて良い感じ。単独のスピーカーと比べると劣るのかもしれないけれど、AI付きでこの価格なら満足です。音楽鑑賞がメインなので、いくら安くても音質が悪いものは嫌だったので、こちらにして正解でした。

設定も簡単でした。iPhone内の音楽は、普通にブルートゥースで接続して聞けますし、ストリーミングサービスを利用すると、要望に合わせて曲をチョイスしてくれるのが楽しいです。

関連記事

アイドル動画

スポンサー

リンク集