だれでも簡単にSNSで友達を増やせる無料のツールをご紹介します。

menu

友達を増やすおとくな自動ツール無料

これは頷く。子育てに「一貫性」を持たせることの重要性


この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■子育ては重要だ

子供は急にその年齢になったのではなく、人格形成には親の日常の姿や関わりが大きく影響している

いい子に育ってほしい。つらいこと、苦しいことがあっても乗り越えて生き抜いてほしい。幸せな人生を送ってほしい―

育児の基本として食事,睡眠,排泄,清潔,衣服の着脱,安全,接触 (愛撫など) ,話しかけなどの諸行動が含まれている

■その子育ての中で重要なのが「一貫性」だ

子供を教育する上で大切なことは「一貫性」です。言っていることがいつもばらばらだと、子供はどれを信じていいのか混乱してしまいます。

オトナ側の姿勢に一貫性が必要だということです。なにか教えたり躾けたりするときに、大切なことは、いつでも大切だという姿勢を崩さないこと

180度方針が違うと子どもは混乱し、しつけはできなくなります。

■子育ての中の「一貫性」とは何なのか?

最初から最後まで矛盾がない状態であること。同じ態度を持続すること。

「一貫性があるかどうか」です。ほめるにしても、叱るにしても、親の気分やそのときのまわりの状況によって、ほめること、叱ることの基準が変わっていないか

“子どもが同じ行為をしても、家族観で対応が180度違う。”このように、パパとママ、ジジとババの叱る基準がずれていると、そこには一貫性が存在しません

■日常でよくある一貫性がない親の行動

“家の食事では「残さず食べなさい」と言いながらファミレスのサラダバーで好き放題、食べきれない量を取ってきて、残しても何も言わない”。

家では床にこぼさないようにうるさく注意しているが、公園では「下が地面だし、鳩や雀の餌になるからまあいいか、掃除もしなくていいし」と考え、おやつをボロボロ落としても何も言わない。

パパとママ、またはおじいちゃんやおばあちゃんで、ほめること叱ることの基準が違うのも混乱の元

■一貫性のない子育てはどのような悪影響があるのか?

気分に流された発言と行動をする親を見て、子供も気分に流された発言と行動をするようになります。言うだけ言って、嘘を軽く破ってしまうようになります。

子どもはどちらの言うことを聞いたらよいか迷うばかりでなく、だんだんと相手を見て行動や態度を変えるようになります。

赤ちゃんは不安な気持ちで過ごすことが増えてしまうのです。俗に言う「先行き不安」です。

ママが一貫性を持った対応をしていると、赤ちゃんは先が読めるようになるので、必要なときに泣くだけですみます。そしてそれ以外の時間は安心して過ごすことができます。

一貫性のない親に対して、子どもが真の厳しさを感じることはありません。それどころか、親に対する不信感が育ちます。

■実際に「一貫性のない人」は嫌われやすい

関連記事

アイドル動画

スポンサー

リンク集